文字サイズ

ページング解説

ページング(指令通話システム)とは



 ページングとは、拡声器と電話を合わせたもので、指令スイッチを押すと拡声器として、離すと電話としてそれぞれ使い分けができます。

  ページングの歴史

  ページング(指令通話システム)は、昭和30年に国産第1号機を東芝が納入して以来の長い歴史を持っており、主に発電プラントの一設備として発展してきましたが、最近の原子力発電所への納入例をみても、また現地での本設備の使用頻度をみても、その設備の果たす役割の重要性は計り知れず、まさに必要不可欠の設備となっています。
  当社は、昭和50年よりページングの設計・製造およびシステムアップを東芝ブランドで行っていましたが、平成20年1月に東芝から事業移管を受け、名実ともにページングメーカとしてスタートを切りました。


 緊急情報 をプラント内の全ての人に知らせるための有効な手段!!

    災害発生時 に情報のリアルタイム発信が可能!!

       「通常時の業務連絡」「非常時の緊急連絡」
                                      の両方を担います!!

  特徴
    1、エリア内の一斉放送が可能です。
    2、ハンドセットステーション同士で相互通話が出来ます。
    3、騒音環境の中でも明瞭な通話が出来ます。
    4、操作は簡単なので緊急時にも慌てず使用できます。
 

  プラントの円滑な運営と安全に貢献します!!

        拡声器と電話機を組合せた高信頼・高品質の連絡装置

ページングは、制御増幅器と多数のハンドセットステーション及びスピーカから構成されています。
どのハンドセットステーションからでも、ボタン操作ひとつで全構内に呼び出しができ、相互通話が行えます。
 
        プラント運営のために合理的に設計されたコミュニケーションツール
   
発電所・鉄工所・その他のプラントの円滑な運営及び安全面におけるコミュニケーション手段として、書欠くことのできないシステムです。


  構内電話・インターホンの場合
●プラントでは作業員が絶えず移動して
  いるため、特定の個人を呼び出すこと
  が困難で不確実

●騒音が高い場所では通話が不明瞭
●防爆区域では使用できない
 
ページングを導入すれば・・・
●各ハンドセットステーションから全スピーカ
   へ一斉放送することが可能!

●騒音に妨害されない明瞭な通話が可能!

●防爆対応形のハンドセットステーション
  及びスピーカで安心!


より詳しくお知りになりたい方 こちら

ビジネスパートナー

採用情報

お問い合わせ


.

すぎなみ学倶楽部


 

ページトップへ