無線メッシュネットワーク

AP7662  

【生産終了】

   

ExtremeWireless™ WiNG 7662 i/e
屋外アクセスポイント
製品の概要
ハリケーンレベルの暴風から、氷点下の気温まで、過酷な環境への設置を目的に設計されたアクセスポイントです。AP 7662 Wave 2 802.11ac IP67 屋外等級アクセスポイントは、ExtremeWireless WiNG のエンタープライズグレードの無線カバレッジを屋外に拡張します。なめらかなフォームファクタは、外壁や柱、自動車に容易に取り付けることができます。
ExtremeWireless WiNG
エンタープライズグレードの ExtremeWireless WiNG OS には、自己最適化と自己修正を行う Wi-Fi ネットワークを提供する機能セットが含まれており、顧客のスマートフォンや企業のラップトップから、モバイルコンピュータやモバイルプリンターに至る各種のデバイスがサポートされます。
高パフォーマンスなアプリケーションの可視性と制御
AP 7662 にはディープパケットインスペクションエンジンが組み込まれており、AP 自体によってオン・ボードのアプリケーションの可視性と制御が直接提供されます。アプリケーション QoS 全体が AP 上でリアルタイムで実行されるため、パケットを中央アクセスコントローラにトンネリングする必要があるソリューションと比較して、ネットワークボトルネックを回避できます。AP 上の統合センサーファームウェアにより、Extreme Networks AirDefense™ セキュリティスイートの機能が、ビル外を含めてネットワーク全体に拡張されます。
この新しい AP 7662 は、デュアルバンド、デュアルラジオの 802.11a/b/g/n/ac ネットワーク接続を提供し、従来の 802.11abgn デバイスから最新の 802.11ac MU-MIMO スマートフォンまで、あらゆる無線デバイスに完全に対応します。
セルラーの共存フィルター (ACF): 3G/4G セルラーネットワーク、分散アンテナシステム、商用小型セル/フェムトセル機器からの干渉を最小限に抑えます。
このアクセスポイントは、さまざまな配備形態のユースケースに対応できるように、2 つのフォームファクタで提供されています。AP 7662i (内部アンテナ) は、IP67 屋外等級の筐体で、3 種類の取り付けオプションを使用して簡単に設置できます。AP 7662e (外部アンテナ) は、屋外等級 IP 67 筐体と内部回路により、-40 C ~ 70 C という幅広い動作時温度に対応するため、過酷な工業環境で最大のレンジとパフォーマンスを実現するのに最適です。
ExtremeCloud による管理

AP 7662i/e は、初期状態からクラウドに対応します。有線と無線の両方のネットワークコンポーネントを一元的にクラウド管理する ExtremeCloud™ への接続をサポートし、将来にわたり、それを通じて確実に管理されます。これにより、ゼロタッチのプロビジョニングが可能になるため、配備にかかる時間が大幅に短縮されます。今後のリリースでは、ExtremeCloud 対応モデルの選択をお勧めします。

仕様

製品の機能
AP7662
802.11ac機能
802.11AC 2x2:2、MIMO、MU-MIMO、
256-QAM、HT20/40/80 MHz

パケット アグリゲーション (AMSDU、AMPDU) RIFS、STBC、
LDPC MIMO パワー セーブ、802.11ac 送信ビームフォーミング、MRC
Bluetooth
Bluetooth Low  Energy (BLE)  v4.2 および IEEE 802.15.4 に準拠
物理特性
寸  法 AP-7662i: 218 mm x 180 mm x 69 mm (内部アンテナ モデル)
AP-7662e: 218 mm x 198 mm x 69mm (外部アンテナ モデル)
重  量 AP-7662i: 1.1 kg(内部アンテナ モデル)
AP-7662e: 1.3 kg(外部アンテナ モデル)

筐  体
IP67 等級の屋外使用 
取付方法
H ブラケット ( フラッシュ壁面 )、柱上取り付け
 LED アクティビティ表示
側面に 4 個の LED ( アクティビティ表示 )
 LAN イーサネット 2 x IEEE 802.3  ギガビット イーサネット ( 自動検知 )
 構  成 部アンテナ モデル : AP-7662-680B30
外部アンテナ モデル、5 x N タイプのアンテナ ポート : AP-7662-680B40

 アンテナ AP-7662-680B30:(内部アンテナ モデル)
4.3 dBi - 2.4 GHz 帯、5.3 dBi - 5 GHz 帯、2 偏波機能付き

 アンテナコネクタ AP-7662-680B40: 5 x N タイプ コネクタ
選択可能な外部アンテナオについては、アンテナ ガイドを参照

コンソールポート
RJ45
製品保証
1 年間のハードウェア交換保証
 ユーザー環境条件
 動作時温度 -40 °C ~ 70 °C/-40 °F ~ 158 °F ( 太陽負荷がない場合 )
-40 °C ~ 60 °C/-40 °F ~ 140 °F ( 太陽負荷がない場合 )
保管時温度 -40 °C ~ 70 °C (-40 °F ~ 158 °F)
動作時湿度
0% ~ 95% ( 結露しないこと )
静電気放電
結露静電放電
動作時高度
12 °C (54  °F) で 8,000 フィート
保管時温度 28 °C (82 °F) で 30,000 フィート
風  速
165 Mph ( 突風 )
電源仕様
 動作時衝撃
IEC60721-3-4、Class 4M3、MIL  STD 810G Method 516.6
 動作時振動
ASTM D3580-95、IEC60721-3-4、Class 4M3 (IEC 60068-2-64)
動作電圧 PoE-PD: 48 VDC
動作電流 PoE-PD: 230 mA (48V での標準値 )
PoE-PD クラス
802.3af、802.3at
ネットワーク仕様
 レイヤー 2 およびレイヤー 3
レイヤー 3 ルーティング、802.1q、DynDNS、
DHCP サーバ / クライアント、
BOOTP クライアント、PPPoE、LLDP

 セキュリティ ステートフル ファイアウォール、IP フィルタリング、NAT、
802.1x、802.11i、WPA2、WPA トリプル方式による不正 AP 検知 : 常時稼働のデュアル・バンド WIPS センサー、オン・ボード IDS、Captive Portal によるセキュアゲストアクセス ( ホットスポット )、IPSec、RADIUS サーバ

 サービス品質 (QoS) WMM、WMM-UAPSD、802.1p、Diffserv、TOS
 無線仕様
 無線メディア
 直接拡散スペクトラム方式 (DSSS)、
 直交周波数分割多重方式 (OFDM)、
  空間多重方式 (MIMO)

 ネットワーク規格
 IEEE 802.11a/b/g/n/ac、802.11d、802.11i WPA2、WMM、
 WMM-UAPSD、L2TPv3、クライアント VPN、MESH (今後のバージョンの WiNG でリリース予定 )、Captive Portal サーバ、
 SNMP v1、v2c、v3 のサポート

 サポートされるデータ転送速度
802.11b/g: 1、2、5.5、11、6、9、12、18、24、36、48、54 Mbps、802.11a: 6、9、12、18、24、36、48、54 Mbps、802.11n: MCS 0 ~ 15: 最大 300 Mbps 802.11ac、2 G VHT、MCS0  ~ 9 最大 400 Mbps、802.11ac 5 G: VHT、MCS 0 ~ 9、最大 867
動作チャネル
2.4 GHz 帯 : チャネル 1 ~ 13
5 GHz 帯 : チャネル 36 ~ 165
* 使用できるチャネルは、各国の規制によって異なります。

 アンテナ構成
802.11: 2X2 MIMO ( 両方のアンテナで送信 / 受信 )
送信出力調整幅 : 1 dB 単位、BTLE 無線 : 1x1
 動作周波数
802.11: 2412 ~ 2472 MHz、5180 ~ 5825 MHz
BTLE 無線 : 2402~24835 MHz (40 x 2 MHz ワイド チャネル内 )
 GPS 無線
初回リリースでは提供されません
パフォーマンスと容量 
 同時ユーザ  無線あたり 256
 SSID  無線あたり 8、APあたり 16
 認  定
 Wi-Fi アライアンス (WFA)  802.11a/b/g/n/ac
 IoT 無線  Bluetooth® Low Energy (BLE) v4.2
および IEEE® 802.15.4 に準拠
規  制
 製品安全認証 IEC 60950-1、EN 60950-1、UL 60950-1、
CSA 22.2 No.60950-1-03 AS/NZS 60950.1、
RoHS 指令 2011/65/EU

無線認証  FCC CFR 47 Part 15、Class B、ICES-003 Class B、
FCC Subpart C 15.247、FCC Subpart E 15.407、
RSS-247、EN 301 893、EN 300 328、EN 301 489 1 & 17、
EN 50385、EN 55032 (CISPR 32)、
EN60601-1-2、AS/NZS4268 + CISPR32

最大合計伝導送信出力 (1 アンテナ送信 ) 
 内部アンテナ (AP-7662-680B30-xx)  帯域 : 23 dBm、5 GHz 帯 : 23 dBm、BLE: 3 dBm
 外部アンテナ (AP-7662-680B40-xx)  帯域 : 20 dBm、5 GHz 帯 : 20 dBm、BLE: 3 dBm
最大合計伝導送信出力 (2 アンテナ送信 ) 
 内部アンテナ (AP-7662-680B30-xx)  帯域 : 26 dBm、5 GHz 帯 : 26 dBm、BLE: 3 dBm
 外部アンテナ (AP-7662-680B40-xx)  帯域 : 23 dBm、5 GHz 帯 : 23 dBm、BLE: 3 dBm

注 : 実際に利用可能な電力は、現地の規制要件と動作に使用される実際のチャネルによって異なります。
 タイトルカテゴリ 
AP7662資料DLPDFダウンロード

AP7562

【生産終了】
 

もっとも過酷な屋外環境で
802.11ac WiFi スピードと
スループットを実現
AP 7562
Access Point

   
802.11ac 無線では、802.11「n」の 4 倍の帯域幅を実現し、図式を表示する場合でも、ビデオ通話でも、ビジネスアプリケーションの情報にアクセスする場合でも、超高速スピードを実現します。無線 LAN のすべてのインフラストラクチャを連携させ、あらゆる伝送にとって最適なルートを決定します。センサ機能が必要な場合も、AP 7562 は業務上のニーズに合わせて柔軟に対応できます。1 台の AP 7562 をセンサ兼アクセスポイントとして導入してコスト効率を高めることも、強力なセンサ機能が必要であればセンサ専用として導入することもできます。 

3X3 MIMO と 256 QAM 変調による最高パフォーマンスの無線スピード

3 つの空間ストリームと 256 QAM変調を 2.4GHz と 5GHz の両方でサポートし、音声や HD ビデオを含む事実上すべての企業向けアプリケーションをサポートするのに必要な最大のスループットを実現できます。ビームフォーミングとの連携で、電波到達距離も延長できます。

優れた可用性

AP 7562 は、ゼブラの無線コントローラに導入してリモート制御や管理を行うことも、スタンドアロン型のアクセスポイントとして利用することもできます。有線ネットワークや T1/E1 回線のバックホールが原因で、導入した AP 7562と無線コントローラの接続が失われても、ユーザーの接続は失われません。

ギャップのないセキュリティでネットワークとデータを保護

AP 7562 は、すべての無線送信のセキュリティを保護するため、小売業界の PCI、医療業界の HIPAA など、業務が制約を受ける可能性のある国や業界の規制にも確実に準拠できます。レイヤ 2 ~ 7 に対応したステートフル・パケット・フィルタリング型ファイアウォール、AAA RADIUS サービス、VPN ゲートウェイ、ロケーションベースのアクセス制御など、広範なセキュリティ機能を内蔵し、一瞬たりとも途切れることなくネットワークを保護します。

□より強固な無線接続
□音声、位置情報、ゲストアクセス
□優れた拡張性
□特許取得済みの MeshConnexTM がネットワークのパフォーマンスと稼働時間を保護

 

AP7562の仕様

802.11ac 機能

• デュアルラジオ、256-QAM サポート
• 3X3 MIMO、3 空間ストリーム
• 20、40、80 MHz チャネル
• デュアルラジオ( 同時) におけるデータレート:1.9 Gbps
• パケットアグリゲーション (AMSDU、AMPDU)
• 縮小インターフェイス間隔
• 802.11 DFS
• MIMO パワーセーブ( スタティック/ ダイナミック)
• 拡張前方誤り訂正符号:STBC、LDPC
• 802.11ac 伝送ビームフォーミング
• 最大比合成 (MRC)

物理特性
寸法 長さ 22.8 cm、幅 25.4 cm、高さ 6.6 cm
( 長さ 9.0 インチ、幅 10.0 インチ、高さ 2.6 インチ)
重量 2.54 kg (5.6 ポンド)
筐体 屋外 IP67 定格、アルミニウム鋳造型、耐食性、耐塩性、耐霧性を備えた ASTM B117
取付方法 KT-147407-01 屋外取付用ブラケットKT-147407-02
屋外ステンレススチール取付用ブラケット
LEDアクティビティインジケータ 上部に設置された LED x 2 ( アクティビティを表示)
LAN Eイーサネット IEEE 802.3 ギガビットイーサネットx 2 ( 自動検出)
アンテナ 「アンテナガイド」を参照
アンテナコネクタ
N 型コネクタx 6
コンソールポート 屋外対応 RJ45コンソールポート
ユーザー環境
動作温度 -40° C ~ 60° C
保存温度 -40° C ~ 80° C
動作湿度 85% RH 結露なきこと
静電気放電 15kV、8kV ( 接触)
動作高度 12 °C で 2438m (8000フィート)
保管高度 28 °C で 9144m (30,000フィート)
150 mph
動作衝撃 IEC60721-3-4、Class 4M3、MIL STD 810F
振動 IEC60721-3-4、Class 4M3
衝撃および振動 ETSI 300-19-2-4 spec T41.E 4M3
電源仕様
動作電圧 DC 36 ~ 57 V
動作電流 802.3at で 354mA (48V)
統合POE対応 802.3at、802.3af
認定
Wi-Fi Alliance (WFA) 認定 802.11 a/b/g/n/ac
ネットワーク仕様
レイヤ2およびレイヤ3 レイヤ3 3 ルーティング、802.1q、DynDNS、
DHCP サーバ/ クライアント、BOOTP クライアント、
PPPoE、LLDP
セキュリティ ステートフルファイアウォール、IP フィルタリング、NAT、802.1x、802.11i、WPA2、WPA、
トリプル方式による不正アクセスの検知:
24 時間 365 日稼働のデュアルバンド WIPS センサ、オンボード IDS、セキュア・ゲスト・アクセス ( ホットスポット) ( キャプティブポータル)、IPSec、RADIUSサーバ
通信品質(QoS) WMM、WMM-UAPSD、802.1p、Diffserv、TOS
無線仕様
無線メディア 直接拡散方式 (DSSS)、直交周波数分割多重方式
(OFDM)、空間多重 (MIMO)
ネットワーク規格 IEEE 802.11a/b/g/n/ac、802.11d、802.11i WPA2、WMM、WMM-UAPSD、L2TPv3、クライアントVPN、MESH ( 今後のバージョンの WiNG でリリース予定)、キャプティブ・ポータル・サーバ
データレート 802.11b/g:1、2、5.5、11、6、9、12、18、24、36、48、54 Mbps
802.11a:6、9、12、18、24、36、48、54 Mbps
802.11n:MCS 0 ~ 23:最大 450 Mbps、ターボモード(256 QAM) 2.4 GHz:最大 600 Mbps
802.11ac:MCS 0 ~ 9:最大 1.3 Gbps
動作チャネル 2.4 GHz 帯:チャンル 1 ~ 13
5.2 GHz b 帯:チャネル 36 ~ 165
* 利用できるチャネルは各国の規制によって異なります。
アンテナ構成 3x3 MIMO (3 つすべてアンテナで送信/ 受信)
送信出力構成 1 dB 単位
動作周波数 2412 ~ 2472 MHz、5180 ~ 5850 MHz
規制
製品安全性認定 UL / cUL 60950-1、IEC / EN60950-1、RoHS
無線認証 FCC ( 米国)、EU、TELEC
最大送信出力

1アンテナ
Tx 送信出力
2アンテナ
Tx 送信出力
3アンテナ
Tx 送信出力
※外部アンテナ(AP-7562-67040-xx)
2.4GHz帯 21dBm 24dBm 25.7dBm
5GHz帯 20dBm 23dBm 24.7dBm
※最大 EIRP は各国の既成により異なります。
付属品
取付用マウンティングキット(KT-147407-01)、ステンレススチール取付用マウンティングキット(KT147407-02) ( リリース待ち)、取付用マウンティングキット拡張アーム(KT-150173- 01)、IP66 屋外対応 802.3 パワーインジェクタ(AP-PSBIAS-7161-xx)、オプションの外アンテナ( 外部アンテナのオプションについては「無線 LANアンテナガイド」を参照)
保証
AP7562 は 1 年間、付属品は 30 日間、ソフトウェアは 90 日間

 タイトルカテゴリ 
AP7562パンフレットPDFダウンロード

AP7532

【生産終了】
 IEEE802.11ac
IEEE802.11a
 IEEE802.11b/g IEEE802.11n  WPA2対応

AP7532の詳細

すべてのユーザーとアプリケーションをサポートする超高速 802.11ac Wi-Fiのスピードとスループットを低コストで実現します。

AP7532は、現在利用できる最速のWi-Fi スピードを実現する広範な機能を満載しています。
無線 LAN ユーザーがどれだけ多くても、また、どのようなアプリケーションが使われていようとも、信頼できるデスクトップ並みの超高速スピー ドがあれば心配は無用です。

次世代の802.11ac無線は、最大で802.11nの4倍のスピードを実現します。802.11n無線は、現在の運用環境で使用されているすべてのモバイル機器と下位互換性があります。技術の進歩により、802.11n無線の帯域幅が802.11acレベルに拡大します。

要求の厳しい工業地域では外部アンテナを選択すれば、電波到達距離やパフォーマンスが最大になるようにアンテナを選ぶことができます。その結果最大の機能とパフォーマンスをもつ無線LANを、かつてないほど低いコストで実現できます。

ネットワークとアプリケーションの抜群のパフォーマンスを実現する抜群の帯域幅

802.11acは、802.11nを土台とする技術で、新たな技術の進歩により、
最大で4倍の帯域幅を実現しています。

3×3 MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)によって、データを3つの空間ストリームとして同時に1つの モバイル機器に送信することができるので、帯域幅の効率や使用率が大幅に向上します。

256QAM変調によって802.11ac無線LANのパフォーマンスはさらに向上し、MIMO技術との連携により802.11n無線LANの帯域幅は802.11acのスピードにまで拡大します。

802.11acは5GHz帯だけで利用されるので、Bluetooth®ヘッドセットや電子レンジなどの2.4GHz機器による干渉はついに解消されました。その結果、無線LANで、かつてないほど多数のユーザーや、音声やビデオを含む多数のアプリケーションをサポートできるようになるため、自信を持ってBYOD(私的デバイスの業務利用)を推進でき、モビリティを導入した新しいワークグループを後押しすることもできます。

第5世代の802.11ac Wi-Fi に容易に移行

 デュアルラジオのAP7532は、次世代Wi-Fiへの非常に簡単な移行パスを提供しています。

ap7522_01

802.11ac無線は新しい5GHzのモバイル機器をサポートする一方で、802.11nは2.4GHzのクライアントを含むすべての既存のモバイル機器をサポートします。

この2つの無線が共存しているため、802.11acへ徐々に移行していくことができるのです。
高いコストをかけて総入れ替えを行う必要はありません。

より強固な無線接続

ビームフォーミング機能の向上により、
ユーザーはこれまで以上に強固な無線接続を利用できるようになります。

ビームフォーミングは、アクセスポイントとモバイル機器の間に、最も効率よくデータ送信が行えるパスを生成する機能です。従来は、送信側のビームフォーマが単独でこのパスを決定していました。これを、受信側でも補佐するようになりました。サウンディングと呼ばれる処理です。その結果、接続がより強固になり、より速いデータ送信を行うことが可能になります。

アプリケーションのスループットやパフォーマンスが向上し、モバイル機器のバッテリも長持ちするようになります。

 

ギャップのないセキュリティ

すべての無線送信のセキュリティを守るため、業務が制約を受ける可能性のある国や業界の規制に準拠しています。(小売業のPCI、医療業界のHIPAAなど)

レイヤ2〜7に対応したステートフルパケット フィルタリング型ファイアウォール、AAA RADIUSサービス、VPNゲートウェイ、ロケーションベースのアクセス制御など、広範なセキュリティ機能を内蔵し、一瞬たりとも途切れることなくネットワークを保護します。


 

柔軟なWIPSセンサのサポート

AirDefenseネットワーク稼働監視機能をサポートするためのセンサの導入方法を選択できます。

AP7532を常に専用のセンサとして配備することができる一方で、無線共有とオフチャネルスキャン機能を連携させて2つの無線のうち片方または両方がクライアントデータの伝送とセンサ機能を兼ねるようにすれば、追加のコストをかけずにデュアルバンドのセンサを提供することもできます。


音声、位置情報、ゲストアクセス

VoWLAN(Voice-over-wireless LAN) の通信品質 (QoS) のサポートにより、1つのアクセスポイントで多数の通話 が同時に行われても、長距離電話レベルの品質が確保されます。

位置情報サービスを活用し、人々や資源の位置の特定や追跡、さらにはネットワークやアプリケーションアクセスの管理を行うことができます。

認可されたネットワークやサイト、アプリケーションにユー ザーがアクセスできないようにすることができるので、Hotspotやゲストアクセスの提供も容易です。


 

フォーマンスの向上と優れた拡張性

AP7532 802.11acアクセスポイントは、ゼブラの無線LANインフラストラクチャである WiNG 5 製品ファミリの一部であり、他のすべてのゼブラWiNG 5コントローラやアクセスポイントと連携して、あらゆる伝送にとって最速かつ最強なパスとなるルートを決定する、“ネットワーク検知”をもった製品です。また、簡単に集中管理が行えるコントローラによる導入が可能なので、ネットワークの拡張も容易です。

必要なアクセスポイントやコントローラの数がどれだけ多くとも、また世界のどこに設置されていようとも、それらの導入、監視、トラブルシューティング、管理をすべて1箇所で行うことができます。
現在または将来、サポートする必要のあるユーザーがどれだけ多くとも、ネットワークはいつでも対応できるとわかっているので心配は無用です。


AP7532の仕様

802.11ac機能

• デュアルバンド無線、256QAM サポート
• 3x3 MIMO、3 空間ストリーム
• 20、40、80MHz チャネル
• デュアルラジオ ( 同時 ) におけるデータレート :1.6Gbps • パケットアグリゲーション (AMSDU、AMPDU)
• 縮小フレーム間隔 (RIFS)
• 802.11 DFS
• MIMO パワーセーブ ( スタティック / ダイナミック ) • 拡張前方誤り訂正符号 : STBC、LDPC
• 802.11ac 伝送ビームフォーミ
ング

物理特性
寸法 さ 180mm、幅 165mm、高さ 41mm
( 長さ 7.1 インチ、幅 6.5 インチ、高さ 1.6 インチ )
重量 0.82kg (1.8 ポンド )
筐体 プレナム定格筐体 (UL2043)
取付方法 取付用ブラケット(同梱)が利用可能
設置形態 吊天井の上、天井または壁面に設置
LED アクティビティ
インジケータ
上部に設置された LED x 2 ( アクティビティ表示 )
LAN イーサネット IEEE802.3 ギガビットイーサネット x 1 ( 自動検出 )
アンテナ 4dBi( 2.4GHz 帯)、6dBi (5GHz 帯)、
(アンテナ内蔵型 - AP-7532-67030-xx)
アンテナコネクタ TP SMA x 3
( アンテナ外付型 - AP-7532-67040-xx)
コンソールポート RJ45
ユーザー環境
動作温度 アンテナ内蔵型 : 0°C ~ 40°C
アンテナ外付型 : -20°C ~ 40°C
保存温度 40°C 〜 70°C
動作湿度 85% RH 結露なきこと
静電気放電 アンテナ内蔵型 AP-7532-67030-xx:15kV ( 空中 )、8kV ( 接触 )
アンテナ外付型 AP-7532-67040-xx:12kV ( 空中 )、6kV ( 接触 )
電源仕様
動作電圧 48V
動作電流 312mA (48V)
対応 PoE 802.3af / 802.3at
認定
Wi-Fi Alliance
(WFA)認定
802.11 a/b/g/n/ac
ネットワーク仕様
レイヤ 2 および
レイヤ 3
802.1q、レイヤ 3 ルーティング、DynDNS、DHCP サーバ / クライアント、BOOTP クライアント、PPPoE、L2TPv3、LLDP
セキュリティ ステートフルファイアウォール、IP フィルタリング、 NAT、802.11i、WPA2、WPA、
24 時間 365 日稼働のデュアルバンド WIPS センサ、 オンボード IDS、ゲストアクセス ( キャプティブポー タル )、 IPSec、RADIUS サーバ
通信品質 (QoS) WMM、WMM-UAPSD、802.1p、Diffserv、TOS
無線仕様
無線メディア 直接拡散スペクトラム方式 (DSSS)、 直交周波数分割多重方式 (OFDM)、 空間多重 (MIMO)
ネットワーク規格 IEEE 802.11a/b/g/n/ac、802.11d、802.11i WPA2、 WMM、WMM-UAPSD メッシュ
データレート 802.11b/g:1、2、5.5、11、6、9、12、18、24、36、48、54Mbps
802.11a:6、9、12、18、24、36、48、54Mbps
802.11n:MCS 0~23:最大 450Mbps、ターボモード (256QAM) 2.4GHz:最大 600Mbps
802.11ac:MCS 0~9:最大 1.3Gbps
動作チャネル 2.4GHz 帯:チャネル 1~チャネル 13
5.2GHz 帯 : チャネル 36~チャネル 140
* 利用できるチャネルは各国の規制によって異なります。
アンテナ構成 3x3 MIMO ( 全アンテナで送信 / 受信 )
送信出力調整 1dB 単位
動作周波数 2412~2472MHz、5180~5850MHz
( 実際の動作周波数は、各国の規制により異なります )
規制
製品安全性認定 UL / cUL 60950-1、IEC / EN60950-1、UL2043、RoHS
無線認証 FCC ( 米国 )、EU、TELEC
最大送信出力(各国の規制により異なります)
1アンテナ
TX送信出力
内部アンテナ (AP-7532-67030-xx)
• 2.4GHz 帯:20dBm
• 5GHz 帯:20dBm

外部アンテナ(AP-7532-67040-x x)
• 2.4GHz 帯:19dBm
• 5GHz 帯:18dBm
2アンテナ
TX送信出力
内部アンテナ (AP-7532-67030-xx)
• 2.4GHz 帯:23dBm
• 5GHz 帯:23dBm

外部アンテナ(AP-7532-67040-x x)
• 2.4GHz 帯:22dBm
• 5GHz 帯:21dBm
3アンテナ
TX送信出力
内部アンテナ (AP-7532-67030-xx)
• 2.4GHz 帯:24.7dBm
• 5GHz 帯:24.7dBm

外部アンテナ(AP-7532-67040-x x)
• 2.4GHz 帯:23.7dBm
• 5GHz 帯:22.7dBm

 タイトルカテゴリ 
AP7532パンフレットPDFダウンロード

AP7522

 
 IEEE802.11ac
IEEE802.11a
 IEEE802.11b/g IEEE802.11n  WPA2対応

AP7522の詳細

802.11ac Wi-Fiのスピードとスループットを、低コストのアップグレードで実現します。

ネットワークに接続する必要がある、昨今の要求の厳しいアプリケーションを実行しているモバイル機器を、事実上すべてサポートすることが可能になりました。しかも、どのような場所にも適合する設計となっています。

802.11n無線LANは、現在の運用環境で使用されているすべてのモバイル機器と下位互換性があります。256QAM変調方式により、802.11n無線LANの帯域幅が802.11acレベルに拡大します。センサ機能が必要な場合も、AP7522は業務上のニーズに合わせて柔軟に対応できます。無線出力が高いので、アクセスポイントの数が少なくてすみます。その結果、かつてないほど高機能で高パフォーマンスな無線LANを、かつてないほど低いコストで実現できます。

すべてのユーザーをサポートするために必要な帯域幅とアプリケーションパフォーマンス

802.11acは、802.11nをさらに発展させた技術です。

802.11ac無線は、MIMO(Multiple-InputMultiple- Output)を始めとする新技術によって、帯域幅やスピードの向上が図られています。256QAM変調によって、2x2MIMO 802.11ac無線LANのパフォーマンスはさらに向上し、802.11n無線LANの帯域幅は802.11acのスピードにまで拡大します。また、2.4GHz機器による干渉もついに解消されました。

802.11ac5GHz帯だけで利用されるので、Bluetooth®ヘッドセットや電子レンジがWi-Fiネットワークのパフォーマンスに影響を及ぼすことはなくなります。その結果、無線LANで、かつてないほど多数のユーザーや、音声やビデオを含む多数のアプリケーションをサポートできるようになるため、自信を持ってBYOD(私的デバイスの業務利用)を推進でき、モビリティを導入した新しいワークグループを後押しすることもできます。

5世代の802.11ac Wi-Fiに容易に移行

デュアルラジオのAP7522は、次世代Wi-Fiへの非常に簡単な移行パスを提供しています。

  802.11ac無線は新しい5GHzのモバイル機器をサポートする一方で、802.11nは2.4GHzのクライアントを含むすべての既存のモバイル機器をサポートします。この2つの無線が共存しているため、802.11acへ徐々に移行していくことができるのです。高いコストをかけて総入れ替えを行う必要はありません。


より強固な無線接続

ビームフォーミング機能の向上により、ユーザーはこれまで以上に強固な無線接続を利用できるようになります。

ビームフォーミングは、アクセスポイントとモバイル機器の間に、最も効率よくデータ送信が行えるパスを生成する機能です。従来は、送信側のビームフォーマが単独でこのパスを決定していました。これを、受信側でも補佐するようになりました。サウンディングと呼ばれる処理です。その結果、接続がより強固になり、より速いデータ送信を行うことが可能になります。

アプリケーションのスループットやパフォーマンスが向上し、モバイル機器のバッテリも長持ちするようになります。

 
 



ギャップのないセキュリティ

すべての無線送信のセキュリティを守るため、業務が制約を受ける可能性のある国や業界の規制に準拠しています(小売業のPCI、医療業界のHIPAAなど)。レイヤ2〜7に対応したステートフルパケット フィルタリング型ファイアウォール、AAA RADIUSサービス、VPNゲートウェイ、ロケーションベースのアクセス制御など、広範なセキュリティ機能を内蔵し、一瞬たりとも途切れることなくネットワークを保護します。

 

柔軟なWIPSセンサのサポート

AirDefenseネットワーク稼働監視機能をサポートするためのセンサの導入方法を選択できます。

AP7522を常に専用のセンサとして配備することができる一方で、無線共有とオフチャネルスキャン機能を連携させて2つの無線のうち片方または両方がクライアントデータの伝送とセンサ機能を兼ねるようにすれば、追加のコストをかけずにデュアルバンドのセンサを提供することもできます。


音声、位置情報、ゲストアクセス

VoWLAN(Voice-over-wireless LAN) の通信品質 (QoS) のサポートにより、1つのアクセスポイントで多数の通話 が同時に行われても、長距離電話レベルの品質が確保されます。

位置情報サービスを活用し、人々や資源の位置の特定や追跡、さらにはネットワークやアプリケーションアクセスの管理を行うことができます。認可されたネットワークやサイト、アプリケーションにユー ザーがアクセスできないようにすることができるので、Hotspotやゲストアクセスの提供も容易です。

 

フォーマンスの向上と優れた拡張性

AP7522 802.11acアクセスポイントは、ゼブラの無線LANインフラストラクチャである WiNG 5 製品ファミリの一部であり、他のすべてのゼブラWiNG 5コントローラやアクセスポイントと連携して、あらゆる伝送にとって最速かつ最強なパスとなるルートを決定する、“ネットワーク検知”をもった製品です。

また、AP7522は簡単に集中管理が行えるコントローラによる導入が可能なので、ネットワークの拡張も容易です。
必要なアクセスポイントやコントローラの数がどれだけ多くとも、また世界のどこに設置されていようとも、それらの導入、監視、トラブルシューティング、管理をすべて1箇所で行うことができます。

現在または将来、サポートする必要のあるユーザーがどれだけ多くとも、ネットワークはいつでも対応できるとわかっているので心配は無用です。


AP7522の仕様

802.11ac機能

• デュアルバンド無線、256QAM サポート
• 2×2 MIMO、2 空間ストリーム
• 20、40、80MHz チャネル
• デュアルラジオ ( 同時 ) におけるデータレート :1.167Gbps • パケットアグリゲーション (AMSDU、AMPDU)
• 縮小フレーム間隔 (RIFS)
• 802.11 DFS
• MIMO パワーセーブ ( スタティック / ダイナミック ) • 拡張前方誤り訂正符号 : STBC、LDPC
• 802.11ac 伝送ビームフォーミ
ング

物理特性
寸法 さ 180mm、幅 165mm、高さ 41mm
( 長さ 7.1 インチ、幅 6.5 インチ、高さ 1.6 インチ )
重量 0.82kg (1.8 ポンド )
筐体 プレナム定格筐体 (UL2043)
取付方法 取付用ブラケット(同梱)が利用可能
設置形態 吊天井の上、天井または壁面に設置
LED アクティビティ
インジケータ
上部に設置された LED x 2 ( アクティビティ表示 )
LAN イーサネット IEEE802.3 ギガビットイーサネット x 1 ( 自動検出 )
アンテナ 4dBi( 2.4GHz 帯)、6dBi (5GHz 帯)、
(アンテナ内蔵型 - AP-7522-67030-xx)
アンテナコネクタ TP SMA x 2
( アンテナ外付型 - AP-7522-67040-xx)
コンソールポート RJ45
ユーザー環境
動作温度 アンテナ内蔵型 : 0°C ~ 40°C
アンテナ外付型 : -20°C ~ 40°C
保存温度 40°C 〜 70°C
動作湿度 85% RH 結露なきこと
静電気放電 アンテナ内蔵型 AP-7522-67030-xx:15kV ( 空中 )、8kV ( 接触 )
アンテナ外付型 AP-7522-67040-xx:12kV ( 空中 )、6kV ( 接触 )
電源仕様
動作電圧 48V
動作電流 280mA (48V)
対応 PoE 802.3af / 802.3at
認定
Wi-Fi Alliance
(WFA)認定
802.11 a/b/g/n/ac
ネットワーク仕様
レイヤ 2 および
レイヤ 3
802.1q、レイヤ 3 ルーティング、DynDNS、DHCP サーバ / クライアント、BOOTP クライアント、PPPoE、L2TPv3、LLDP
セキュリティ ステートフルファイアウォール、IP フィルタリング、 NAT、802.11i、WPA2、WPA、
24 時間 365 日稼働のデュアルバンド WIPS センサ、 オンボード IDS、ゲストアクセス ( キャプティブポー タル )、 IPSec、RADIUS サーバ
通信品質 (QoS) WMM、WMM-UAPSD、802.1p、Diffserv、TOS
無線仕様
無線メディア 直接拡散スペクトラム方式 (DSSS)、 直交周波数分割多重方式 (OFDM)、 空間多重 (MIMO)
ネットワーク規格 IEEE 802.11a/b/g/n/ac、802.11d、802.11i WPA2、 WMM、WMM-UAPSD
データレート 802.11b/g:1、2、5.5、11、6、9、12、18、24、36、48、54Mbps
802.11a:6、9、12、18、24、36、48、54Mbps
802.11n:MCS 0~23:最大 300Mbps、ターボモード (256QAM) 2.4GHz:最大 400Mbps
802.11ac:MCS 0~9:最大 867Mbps
動作チャネル 2.4GHz 帯:チャネル 1~チャネル 13
5.2GHz 帯 : チャネル 36~チャネル 140
* 利用できるチャネルは各国の規制によって異なります。
アンテナ構成 2x2 MIMO ( 両アンテナとも送信 / 受信 )
送信出力調整 1dB 単位
動作周波数 2412~2472MHz、5180~5850MHz
( 実際の動作周波数は、各国の規制により異なります )
規制
製品安全性認定 UL / cUL 60950-1、IEC / EN60950-1、UL2043、RoHS
無線認証 FCC ( 米国 )、EU、TELEC
最大送信出力(各国の規制により異なります)
1アンテナ
TX送信出力
内部アンテナ (AP-7522-67030-xx)
• 2.4GHz 帯:20dBm
• 5GHz 帯:20dBm

外部アンテナ(AP-7522-67040-x x)
• 2.4GHz 帯:19dBm
• 5GHz 帯:18dBm
2アンテナ
TX送信出力
内部アンテナ (AP-7522-67030-xx)
• 2.4GHz 帯:23dBm
• 5GHz 帯:23dBm

外部アンテナ(AP-7532-67040-x x)
• 2.4GHz 帯:22dBm
• 5GHz 帯:21dBm

 タイトルカテゴリ 
AP7522パンフレットPDFダウンロード

RFS4000 (無線LANコントローラー)

 
 IEEE802.11a
 IEEE802.11b/g IEEE802.11n  WPA2対応


RFS4000の詳細

RFSシリーズは、無線音声通信機能とRF管理プラットフォームの統合をWi-Fi、802.11n、RFIDなどの無線による音声、データ及びRFテクノロジを一つにまとめ、アーキテクチャの簡略化とコストの低減を実現しました。

小規模から大規模企業向けまで幅広く対応する無線LANスイッチ/音声通信プラットフォーム

RFSシリーズは、強固なセキュリティと堅牢なデータ/音声サービスを提供する無線 LAN 通信プラットフォームです。RFSシリーズの機能は多岐にわたり、Wi-Fi、802.11nによる高速データ接続をサポートしています。企業向け製品のRFSシリーズは、最高クラスの性能、セキュリティ、拡張性、管理の容易さで、ミッション クリティカルな用途でのさまざまなニーズにお応えします。


社内でも社外でも最大限のメリットを最小限のコストで

ゼブラのWi-NGアーキテクチャは社内および社外でのモバイル音声/データの単一インフラストラクチャを提供するため、インストールおよびメンテナンス コストを低く抑えることができます。このソリューションは統合IPSEC VPN、AAA Radiusサーバー、ステートフル パケット インスペクション機能を備えたファイアウォールという包括的な機能を提供するため、さらなるインフラ購入や、管理負担を軽減します。クオリティ・オブ・サービス(QoS機能)により、高品質な音声や動画を確実に配信します。RFSシリーズは、PCI、SOX法、HIPAAなどの業界標準への準拠を簡単かつ高効率に行うためのセキュリティ機能を備えています。

 

コスト効率の高い、包括的な高品質音声サービス

VoWLANがサポートされているため、敷地全体にわたってコスト効率の高い音声サービスを提供できます。オフィス勤務の従業員に加えて、工場のような屋外での PTT(プッシュ ツー トーク)のインフラ提供も可能です。オフィス電話のようなクリアな音質を常に提供するためには一貫した高いパフォーマンスが要求されますが、RFSシリーズは豊富な機能により粒度の細かい制御が可能です。またRFSシリーズではFMCにも対応可能な設計となっており、WLANやWWANを使用して既存の電話機器をモバイル デバイスに拡張するような将来の拡張にも対応していきます。

高い信頼性

アクセスポイントに組み込まれていたインテリジェンス部分をRFSシリーズに集約させることにより、柔軟性と拡張性と信頼性を大幅に向上させたました。


 

TCO(総所有コスト)の削減

RFSシリーズは、無線ネットワークの導入コストを大幅に削減すると供に、管理、維持、拡張の際のコストも削減しますので、無線インフラに対する投資額を長期にわたって削減することができます。


RFSシリーズ ネットワーク アーキテクチャ

RFSシリーズは、大規模エンタープライズの社内およびリモートサイトにある支社内の無線音声/データ通信サービスを拡大する基盤として稼動するために必要な包括的な機能を提供します。

 

エンタープライズクラスのセキュリティ

無線によるデータ送受信が包括的なネットワーク セキュリティ機能によって保護されるため、HIPAAやPCIなどの政府の規制に対する準拠を心配する必要はありません。多岐にわたる業界標準のセキュリティ機能を実装しているため、MACベースの認証、AAA/Radiusサーバー(WPA/WPA2用)、安全なゲスト アクセスのためのホットスポット プロビジョニング、ステートフル パケット インスペクションのファイアウォール、IPSec VPN などのあらゆる用途に おいて複数階層によるセキュリティ戦略を構築できます。

新たなエンタープライズクラスのパフォーマンス

高帯域幅のネットワークを使用する大規模エンタープライズ環境をサポートするために設計されたRFSシリーズは、マルチコア/マルチスレッドCPUベース アーキテクチャにより、デュアル無線802.11a/b/g アクセス ポートのサポートを高いパフォーマンスで実現します。さらにRFSシリーズは802.11nをサポートする設計になっており、フェイルオーバー機能とクラスタリング機能により常に安定した可用性を保ちます。

 

集中管理によるコスト効率の向上

ZEBRAはモビリティ ソリューション導入に際する日常管理に必要なコストを軽減、最小化するために必要なツールを提供します。RFSシリーズは、ネットワーク関連のハードウェア、ソフトウェアの設定、ネットワーク ポリシーを一括して管理する機能を備え、プロセス監視機能やトラブルシューティング ツールも内蔵しています。また、RF Management SuiteはZEBRAのモビリティ ソリューションの全ライフサイクルにわたって集中管理が可能なソフトウェア モジュールで、無線ネットワーク運用に必要となる、計画の簡略化、導入、監視、安定化が可能になります。

アクセスポート及びアクセスポイント

RFSシリーズは、無線LANを構成する上でアクセスポートAP650とアクセスポイントAP-5131、AP-5181を配下に起き構成します。
下記にアクセスポートAP650について列記します。

アクセスポートAP650は、RFSシリーズの無線LANスイッチに接続できるThin-アクセスポイントで、アンテナ内蔵モデルとアンテナ外付モデルの2モデルを用意しています。アンテナ外付モデルは、高利得のアンテナや高指向性のアンテナを接続することや、アンテナをアクセスポートから遠く離して設置できます。

アクセスポート対応台数
RFS4000 : 最大6ポート対応
RFS6000 : 最大48ポート対応
RFS7000 : 最大256ポート対応

●802.11a+b/g
2.4GHz(802.11b/g)と5GHZ(802.11a)のデュアルバンドに対応しています。

●802.1X
RADIUSサーバに匹敵する高いセキュリティの802.1xをサポートしています。

●802.11h
ダイナミックな周波数選択とパワーコントロールによりワールドワイドに使用できます。

●802.11i
優れた暗号化方式 (AES, TKIP)と認証とキー管理 (802.1x-EAP)をサポートしています。

●802.3af
易な設置を実現するパワーオーバーイーサネット(PoE)をサポートしています。

RFSシリーズ

製品型番 RFS4000 RFS6000 RFS7000
無線ネットワーク
無線LAN ・WLAN×24個
・マルチESS/BSSIDトラフィックセグメンテーション
・VLAN-ESSIDマッピング
・VLANの自動割り当て(RADIUS認証)
・パワーセーブプロトコルポーリング
・プリエンプティブローミング
・VLANプーリング
・WLAN×32個
・マルチESS/BSSIDトラフィックセグメンテーション
・VLAN-ESSIDマッピング
・VLANの自動割り当て(RADIUS認証)
・パワーセーブプロトコルポーリング
・プリエンプティブローミング
・帯域管理による転輳制御
・VLANプーリング
・WLAN×250個
・マルチESS/BSSIDトラフィックセグメンテーション
・VLAN-ESSIDマッピング
・VLANの自動割り当て(RADIUS認証)
・パワーセーブプロトコルポーリング
・プリエンプティブローミング
・帯域管理による転輳制御
・VLANプーリング
アクセスポート ・最大6台(1~6個)の「Thin」アクセスポートのサポート ・最大48台(1~48個)の「Thin」アクセスポートのサポート
・ACLによるアクセスポートの自動アダプション
・アクセスポートの負荷分散
・最大256個(1~256個)の「Thin」アクセスポートのサポート
・ACLによるアクセスポートの自動アダプション
・アクセスポートの負荷分散
アダプティブAP アダプティブモードにて、AP-51x1(802.11a/b/g)とAP-7131(802.11a/b/g/n)のアクセスポイントを6台の接続をサポート アダプティブモードにて、AP-51x1(802.11a/b/g)とAP-7131(802.11a/b/g/n)のアクセスポイントを48台の接続をサポート アダプティブモードにて、AP-51x1(802.11a/b/g)とAP-7131(802.11a/b/g/n)のアクセスポイントを1024台の接続をサポート
PoE機能 内蔵型 最大90W 内蔵型 29.7W/ポート、最大180W(同時処理時) -
レイヤ3モビリティ
(サブネット間のローミング)
あり
サポートするアクセスポート及びアクセスポイント ・AP300 (802.11a/b/g対応)
・AP650 (802.11a/b/g/n対応)
・AP-51x1 (アダプティブモード)
・AP-7131 (アダプティブモード)
・AP-4131 (L2モードのみ)
・AP300 (802.11a/b/g対応)
・AP650 (802.11a/b/g/n対応)
・AP-51x1 (アダプティブモード)
・AP-7131 (アダプティブモード)
・AP100 (L2モードのみ)
その他機能 ・無線電波による自動チャネル選択(ACS)
・送信電力制御管理(TPC)
・国別の無線周波数設定
・802.11b、802.11g、802.11a、802.11n(対応予定)
ネットワークセキュリティ


パケット フィルタリング/アクセス制御(ACL) ・L2/L3/L4 ステートフル パケット分析
・ネットワークアドレス変換(NAT)
認証 ・アクセス制御リスト(ACL)
・事前共有キー(PSK)
・802.1x/EAP-トランスポート層セキュリティ(TLS)
・トンネルトランスポート層セキュリティ(TTLS)
・保護されたEAP(PEAP)
・内蔵AAA/RADIUSサーバー(EAP-TTLSおよびEAP-PEAPネイティブサポート、 組込のユーザー名/パスワードのローカルデータベース、LDAPをサポート)
暗号化 ・WEP 40/128(RC4)
・KeyGuard
・WPA-TKIP
・WPA2CCMP(AES)
・WPA2-TKIP
IPsecVPNゲートウェイ DES/3DES/AES-128/AES-256暗号によるサイト間およびクライアント/サイト間のVPNをサポート
RADIUSサポート
(標準およびゼブラ社独自仕様)
・ユーザーベースのVLAN(標準)
・MACベースの認証(標準)
・ユーザーベースのQoS(ゼブラVSA)
・ロケーションベースの認証(ゼブラVSA)
・許可されたESSID(ゼブラVSA)
安全なゲストアクセス
(ホットスポット管理)
・ローカルでのWEBベースの認証
・ユーザーログイン用URLの出力先変更/管理
・カスタマイズ可能なログイン/開始ページ
・外部の認証/請求システムのサポート
最適化された無線LAN QoS
RFプライオリティ 802.11トラフィック優先及び順位決定
WMM
(Wi-Fiマルティメディア拡張)
アドミッションコントロールを装備したWMM省電力
分類とマーキング ・レイヤ1~4のパケット分類
・802.1p VLAN優先
・DiffServ/TOS
システムの弾力性及び冗長性 ・アクティブ:スタンバイの冗長構成
・アクティブ:アクティブの冗長構成
・1:Nの冗長構成
・アクセスポート及びモバイルユニットの負荷分散
・アクティブ:スタンバイの冗長構成
・アクティブ:アクティブの冗長構成
・1:Nの冗長構成
・アクセスポート及びモバイルユニットの負荷分散
・自己回復機能(無線通信の消失または障害の検出時)
システムの拡張性
Express™Cardスロット 3G WWANカードドライバサポート(海外のみ) オプションのECDO/HSPDAカードにより将来のブロードバンド経由サービスをサポート(予定) なし
PCI-Xインタフェース なし あり なし
管理機能 ・コマンドラインインタフェース(シリアル、telnet、SSH)
・WebベースのGUI(SSL)
・SNMP V1/V2/V3
・SNMP トラップ-ユーザ-が設定可能な40以上のオプション
・Syslog
・TFTPクライアント
・セキュアネットワークタイムプロトコル(SNTP)
・テキストベースのスイッチ設定ファイル
・DHCP(クライアント/サーバー/リレー)
・DHCPオプションによるスイッチ自動設定及びファームウェアアップデート
・複数のユーザー役割(スイッチへのアクセス時)
・MIB(MIB-Ⅱ、Etherstats、無線LANスイッチ固有のモニタリング及び設定)
電気的特性
AC入力電圧 AC100~240VAC AC90~264V、50/60Hz AC90~264V、50/60Hz
最大入力電流 3A 6A(AC 115Vの場合)、3A(AC 230Vの場合)
環境規格 47Hz~63Hz
機械的特性
筐体 標準1Uラックマウントキット有 標準1Uラックマウント
外形寸法 44.45(H) x 304.8(W) x 254.0(D) mm 44.45(H)×440(W)×390.8(D) mm
重量 2.15Kg 6.35Kg 6.12kg
物理インタフェース ・10/100/1000 Cu/ Gigabit SFP インターフェース(アップリンク) ×1
・10/100/1000 Cu Ethernet Ports, 802.3af and 802.3at Draft ×5
・USB 2.0 Host ×1
・ExpressCard? Slot ×1
・Serial Port (RJ45 style) ×1
・10/100/1000bps Cu/Gigabit SFPインタフェース(アップリンク) ×1
・10/100/1000 Cu Ethernetポート(29.7W PoE)、802.3af、802.3at(ドラフト) ×8
・10/100管理員ATフェース(OOBポート)×1
・USB 2.0ホスト ×1
・ExpressCardTM スロット(USBモード) ×1
・PCI-X インタフェース ×1
・シリアルポート(RJ45) ×1
・10/100/1000bps Cu/SFP Ethenetインタフェース ×4
・10/100 OOBポート ×1
・CFカードスロット ×1
・USB スロット ×2
・シリアル ポート (RJ45 型)  ×1
MTBF 65,000時間
環境特性
動作温度 0℃~+40℃
保存温度 -40℃~+70℃
動作湿度 5~85%RH(非結露)
保存湿度 5~85%(非結露)
安全規格 UL/cUL60950-1、IEC/EN60950-1
EMC準拠 FCC(米国)、Industry Canada、CE(欧州)、VCCI(日本)、C-Tick(オーストラリア/ニュージーランド)

 

 タイトルカテゴリ 
RFS4000パンフレットDLPDFダウンロード

採用情報

採用情報




お問い合わせ

ビジネスパートナー

.




すぎなみ学倶楽部


 

ページトップへ